オリジナルタオル作成時の印字ズレについて

タオルの印刷ズレについて

オリジナルタオルTOPページ オリジナルタオルTOPページ タオルの種類 オリジナルタオル印刷の納期 オリジナルタオル印刷の価格一覧表 オリジナルタオル作成のデータ、デザインについて
タオルの印刷ズレについて

タオルの印刷ズレとは?

データ上ではラインや幅が均等にそろったデータでも、実際仕上がったタオルでは均等にならない等データと全く同じ仕上がりにならないことがあります。このようなデータ上と印刷後の違いを「印刷ズレ」と呼んでいます。下記例のように、印刷ズレはタオルのフチ付近で起きますのでご注意ください。(全体的にズレるため、データ内の一部分だけがズレるわけではございません。)

タオルの印刷ズレが起こる原因

あまり注意深く見ることはないかと思いますが、タオルは完全な長方形ではありません。また弊社が使用しておりますマイクロファイバータオルは、編み生地のため長さに誤差が生じやすく、ゆがみが出来やすい商品です。あまりにもサイズ誤差やゆがみが大きいタオルに関しましては検品ではじきますが、5%前後のサイズ誤差は許容範囲内とさせて頂いております。

タオル印刷は、昇華という方法で行っております。
専用のインクで転写紙にデータを反転させ印刷したあとに、タオルと転写紙をあわせ熱圧力をかけ、タオルへインクを染み込ませます。

この印刷工程の中のタオルと転写紙の位置調整は、1枚1枚手作業で行っております。そのため最大で1cm程度のズレが起きる場合がございます。

ズレが起きるため、塗り足しのないデータで印刷すると・・・・

◆印刷結果◆

データが足りずタオル自体の白色の部分ができます。
タオルの表記通りのサイズで作成されたデータだと、もしタオルが少しでも表記サイズより大きかった場合、データが足りなくなってしまいます。データが足りないとタオルに印刷ができないので、タオル自体の白色(素材の色)の部分ができてしまいます。
タオルからデータがはみ出て、データ上にはあっても印刷されない部分ができます。
タオルの表記通りのサイズで作成されたデータだと、もしタオルが少しでも表記サイズより小さかった場合、データ上にはあるが、タオルには印刷されない部分ができます。

塗り足しライン、印刷保障ラインが守られたデータであれば・・・・

◆印刷結果◆

タオル全面に印刷ができます。(生地の白色が出ない)
塗り足しが作成されていれば、タオルよりデータが小さいことがないので、生地の白色が出ず、全面への印刷が可能です。そのため全面印刷をご希望の場合は必ず塗り足しが必要です。
印刷保障ライン内のデータは必ず印刷されます。
印刷保障ライン外のデータは仕上がりラインよりも内側であっても印刷されない場合がございますが 印刷保障ラインよりも内側のデータは必ず印刷されるように調整いたします。印刷が必要な大事なデータは印刷保障ライン内におさめてください。

あまりおすすめしていないデザインについて

下記のようなデザインは、印刷ズレが目立ちやすいため弊社ではあまりおすすめをしておりません。 ズレを目立ちにくくするための修正案を一部ご紹介しますのでご参考ください。 ※ズレがなくなるわけではございません。予めご了承くださいませ。

細いフどりや余白のあるデザイン おすすめ修正案 細いフどりや余白のあるデザインはできうだけ太くすることで目立ちにくくなります。
左右または上下の細いラインのあるデザイン おすすめ修正案 左右または上下の細いラインのあるデザインはできうだけ太くすることで目立ちにくくなります。
角同士が繋がったデザイン おすすめ修正案 角同士が繋がったデザインわざとずらしたデザインにすることで目立ちにくくなります。
ボーダーやストライプ柄 おすすめ修正案 ずれても良いくらい細くするか、太くするとズレが目立ちにくいです。
各ラインの説明
タオルに関しましてご不明な点がある方はこちら タオルのご注文、WEB上お見積もりはこちら
メールにてお問い合わせください。 タオルのご注文、WEB上お見積もりはこちらです