ブランケット(ひざ掛け)のデータ作成は専用のソフトがなくても可能です。WEB上で簡単にデザイン作成

ブランケットのデザイン(データ)作成について

入稿データの形式について

完全データとしてお受けできるのは、イラストレータ(ai,eps)フォトショップ(psd)形式です。
但し、PDF、画像(jpg,png.tiff,gif等)データでのご入稿も可能です。PDF・画像データの場合、弊社で印刷が可能なデータに修正・変換をさせて頂きます。 エクセル(xls)ワード(doc)などのオフィスデータでの作成の場合は、PDFデータに変換してデータをご用意ください。
なお、データはご注文完了後、データ入稿フォームよりアップロードをお願いいたします。

データを入稿してブランケットを作成する場合はイラレストレータ・フォトショップ・PDF・画像などのデータをご用意ください

デザイン作成用入稿テンプレート

イラストレータ(ai,eps)およびフォトショップ(psd)はテンプレートをご用意しております。ダウンロード後、解凍してからお使いください。CMYKモードとRGBモードそれぞれのテンプレートがダウンロードされます。

イラストレータ形式イラストレータ用テンプレート
フォトショップ形式フォトショップ用テンプレート

完全データでのデータ作成について

  • カラーはRGB、CMYKどちらでも大丈夫です。
    いただいたデータのカラーモードのまま印刷にうつります。
    ※ただし、RGBカラーの色範囲で出ない色がありますのでご注意下さい。
  • 文字は必ず全てアウトライン化してください。※よくあるミス
  • 拡大時のトラブルを避けるため、データは出力サイズで作成してください。
  • 必ず、レイヤーは統合し、ロックは解除してください。
  • 入稿ファイルには、必要なデータのみをまとめて送付してください。
  • イラストレータデータの場合、リンクファイルは埋め込むか、リンクファイルも一緒にご入稿ください。
  • MAC利用の方はファイル名は半角英数のみで保存してください。
  • ご入稿いただく際には、見本画像(画面キャプチャしたもの)を一緒にお送り下さい。
  • 同時に複数枚、複数種類の印刷をご依頼いただく場合は見本画像にそれぞれの枚数を記入して下さい。

デザインに関する注意点

ブランケットデータの印刷範囲(サイズ)について

ブランケットは素材の形が1枚1枚異なり完全な長方形ではなく、印刷の工程上どうしても多少のズレが生じます。そのため下記の3つのラインを設けさせて頂いております。

ブランケットのデザイン作成時に注意するべき3つのライン
塗り足しラインサイズ:75cm×105cm

フチにまで印刷が必要な場合は、塗り足しラインまでデータを作成してください。塗り足しラインまでデータがないと、ズレが起きた際に素材の色が見えてしまいます。

仕上目安ラインサイズ:70cm×100cm

あくまでも目安のラインとなります。特にブランケットの生地は四隅が角丸のためご注意ください。 仕上がりラインにそったデザインは避けてくださいますようお願いいたします。

印刷保証ラインサイズ:63cm×93cm

大事なデータはこのライン内におさめてください。印刷保証ラインより外側のデータは印刷されない可能性がございます。

印刷のズレに関しまして 印刷のズレに関しまして
ひざ掛け(ブランケット)は素材の形が1枚1枚異なり、完全な長方形ではないため右図のようにズレがおきます

また印刷保証ライン外のデータに関しましては、印刷されない部分があったり、印刷されている部分がでる可能性があります。
そのため特に、フチ取りなどのデータは苦手です。ズレが目立つデザインは避けてくださいますようお願い致します。

望ましいのはベタ塗りやズレでも目立たない模様や周囲が大事なデータではない画像などです。

苦手なデータと望ましいデータ
PAGETOP
タオルに関しましてご不明な点がある方はこちら タオルのご注文、WEB上お見積もりはこちら
メールにてお問い合わせください。 タオルのご注文、WEB上お見積もりはこちらです