Tシャツ用プリントラバー(熱転写シート)のデータ作成について

ラバー(熱転写シート)印刷のデータについて

ラバー印刷TOPページ ラバー印刷おすすめポイントページ ラバーの種類 ラバーの使用例 ラバー印刷の納期 ラバー印刷のデータ、デザインについて

ラバー印刷データのデータ作成について

ラバー印刷のデータはイラストレータで作成してください
フルカラー対応プリントラバーのデータについてはこちら 単色カッティングラバーのデータについてはこちら

溶剤フルカラー プリントラバーのデータ作成について

印刷用のレイヤーはひとつにまとめてください。

・印刷用のデータは一つのレイヤーにまとめてください。
・バージョンはCS6以下で保存してください。
・データは原寸サイズで作成してください。
・見本用の画像をご用意ください。

印刷用データ作成時の注意点 文字はアウトライン化してください

文字には全てアウトライン化してください。 アウトラインは全てのオブジェクトを選択した状態で[書式]→[アウトラインを作成]で可能です。

カラーモードはCMYLで作成してください

印刷はCMYKモードで行います。
RGBで作成されたデータは色味が大きく変わる可能性があります。
メニューの「ファイル」→「ドキュメントのカラー」から設定ができます。

リンクファイルは埋め込んでください

リンクファイルが埋め込まれていないと再入稿いただくことになるので納期が延びてしまいます。
リンクファイルを選択した状態で[ウィンドウ]→[リンク]→[リンクオプション]→[画像を埋め込み]で埋め込みが可能です。

カットラインはレイヤーをわけて作成してください。

・ラバーのカットが必要な場合、カットラインをパスで作成してください。※線をアウトライン化しないでください。
・印刷データとは別レイヤーで作成してください。
・分かりやすいよう印刷データと被らない色をつけてください。
・カットラインとカットラインの間は5mm以上あけて作成してください。
最大カット幅は430mmです。

カットライン用データ作成時の注意点 文字はアウトライン化してください

カットには2mm程度のズレが起こる可能性があります。必ず塗り足しを作成してください。

カットライン内側外側ともに印刷データを2mmの離してください。 パスは1点1点つなげてください

パスは必ずつなげて下さい。パスにそってカットを行うため、繋がっていない部分にはカットが入りません、
鋭利なパスで作成されたカットラインは、素材が破れてしまう可能性があります。
細かすぎるパスも同様にカットが上手くできない可能性があります。

パスが繋がっていない悪い例

単色カッティングラバーのデータ作成について

カっトラインのみ作成してください。

・カットラインをパスで作成してください。※線をアウトライン化しないでください。
・分かりやすいよう色をつけてください。
・カットラインとカットラインの間は1mm以上あけて作成してください。
最大カット幅は470mmとなります。

カットライン作成の注意点 パスは1点1点つなげて下さい

パスは必ずつなげて下さい。パスにそってカットを行うため、繋がっていない部分にはカットが入りません、
鋭利なパスで作成されたカットラインは、素材が破れてしまう可能性があります。
細かすぎるパスも同様にカットが上手くできない可能性があります。

パスが繋がっていない悪い例
ラバー印刷に関しましてご不明な点がある方はこちら ラバー印刷のご注文、WEB上お見積もりはこちら
メールにてお問い合わせください。 ラバー印刷のご注文、WEB上お見積もりはこちらです

ラバー印刷TOPページ ラバー印刷おすすめポイントページ ラバーの種類 ラバーの使用例 ラバー印刷の納期 ラバー印刷のデータ、デザインについて