デザインガイド

各商品のデザイン時の注意

デザインデータの作成方法や注意点は商品によって異なります。作成したい商品を下記よりお選び頂き、注意事項等をご確認の上デザインデータを作成してください。
>画面上の色を印刷後の色の違いについて

オリジナルデザインサービス

イラストレータやフォトショップなどのデザインソフトをお持ちでないお客様にも、自由にデザインが作成できるデザイン作成ツールをご用意しております。誰でも簡単にWEB上でデザインしてそのままご注文できます。
テキストやクリップアートの挿入はもちろん、お持ちの画像データの挿入も可能です。
※商品によっては対応していないものがございます。
>オリジナルデザインサービス

WEB上でかんたんにデザインができるオリジナルデザインサービス

デザインデータの入稿について

  • データは注文後に入稿できます。お客様の方でデータ便などを用意する必要は一切ございません。
  • データは必ずバックアップをとった上で入稿してください。
  • ファイル名に日本語等を使用されると文字化けし、データを正常に開くことができない場合がございます。ファイル名には半角英数のみご使用ください。
  • 拡大時のトラブルを避けるため、データは可能な限り印刷サイズで作成してください。
  • カラーモードはCMYKモードにて作成してください。RGBモードでも印刷は可能ですが、色味が大きく変わる可能性がございます。
  • パワーポイントやエクセルなどのオフィスデータでデザインを作成された場合はPDF形式で保存したデータをご入稿ください。
  • イラストレータで作成した場合はバージョンCS6以下で保存してください。
  • リンクファイルは全て埋め込んでください。※よくあるミス
  • 文字は必ずアウトライン化してください。※よくあるミス

色合わせについて

  • 色合わせは有料となります。
  • 色指定がある場合は、必ず原物(DICカラーチップや印刷物など)を送付してください。
  • 見本色と実際の色は、紙質・紙色・その他の要因により、完全に一致させることはできませんので予めご了承ください。
  • 色あわせが出来るのはイラストレーターなどのベクタデータのみとなります。※画像データなどの色合わせは対応できかねます。
  • 色指定のない場合、色についての再印刷はお受けできません。

弊社ではいただいたデータはそのまま印刷を行ないます。
データの著作権・肖像権が誰にあるかは、弊社では判断できませんので、自己責任の下発注をお願いします。
万が一、お客様の元でトラブルが発生した場合、こちらは一切責任を負いませんのでご了承下さい。
また、明らかに問題があるデータの場合は印刷をお断りする場合があります。